玉造湯神社

出雲で、古代から玉造をしていた場所に建つ神社です。

三種の神器「ヤサカニの勾玉」を作った玉造の神様「櫛明玉命(くしあかるだまのみこと)」と共に、玉造温泉を見つけた「大名持命(おおなもちのみこと)」「少彦名命(すくなひこなのみこと)」の三柱が御祭神です。

入口の社務所で売っている「叶い石」は、かわいい袋の中に志位佐内氏と願い事を書くお札が入っています。

拝殿前の机で、2枚複写の願い札にお願いを書き、一枚を「願い札納入箱」に入れ、もう一枚をお守り袋に入れて持ち帰ります。

御本殿横にはまるい「願い石」があり、願い石の下から湧く御心酔で「叶い石」と手を清めて「願い石」にそっと触れながら願い事をして、お札と一緒に「叶い石」をお守り袋に入れて持ち帰ると願いが叶うそうです。

国内旅行はJTB
クラブツーリズム




posted by TOSHI at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック