玉造温泉

玉造温泉は、古代から「神の湯」と呼ばれていた温泉です。

奈良時代に作られた『出雲国風土記』に登場し、平安時代には清少納言が『枕草子』の中で名刀と紹介しています。

美肌の湯として有名で、潤い成分のメタケイ酸、肌に水分を補給する硫酸イオン、潤いを逃さない効果のある塩化物泉などを豊富に含んでいる温泉です。

温泉街の中心を流れる川沿いにはいくつかの足湯もあります。また、玉造温泉のはずれには「玉造湯神社」があり、恋愛をかなえてくれるという「願い石」が置かれています。

国内旅行はJTB
クラブツーリズム



posted by TOSHI at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック