個室夜行バスに人気が

夜行寝台列車が消えていき、長距離移動の足として夜行高速バスが定着しています。

この夜行高速バスに、個室を備えたサービスに今人気が集まっているそうです。

西日本鉄道が運行する「はかた号プレミアムシート」は、バス前方に設けられた4席だけのシート。

個室は横80センチ、縦90センチの東北新幹線「はやぶさ」のグランクラスのような革張りシートでマッサージ機能も付いていて最大150度まで倒すことができます。

通路側のカーテンを引くと独立した空間に。

室内の照明は好みに調節でき、タブレット端末やコンセント、空気清浄機も完備していて、14時間の移動時間を快適に過ごせます。

料金は、普通席より5000円高いでけですから、長時間の移動を考えたら普通席よりこちらを選びたい気持ちが分かりますね。

料金的には、飛行機の早割料金よりは高くなりますが、新幹線の指定席で移動する料金よりは割安。

日によって料金が違い、17000円から20000円。

ほかには、徳島県の海部観光が前12席テレビ付き個室にした「マイフローラ」を東京・徳島間で運行、料金は12400円から14900円。

両備グループが全14席が個室の「ドリームスリーパー号」を横浜・広島間で運行。料金は12000円から17000円。さらにグレードアップした車両を別路線に投入する予定があるとしています。

東京・大阪間では、西日本ジェイアールバスとジェイアールかんとうが個室シートを導入していて、料金は10000円から13300円となっています。

今後も大都市と地方を結ぶ路線で個室夜行バスの運行が増えていきそうです。

国内旅行はJTB
クラブツーリズム





posted by TOSHI at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445707236

この記事へのトラックバック