京都市で宿泊税検討!!だそうです。

京都市で、観光インフラ整備などの財源確保のために、宿泊税、駐車場税、別荘税の3種類の新税を中心に導入が検討されているそうです。

世界中から、京都を刊行する人が増えているのだから、京都市の財政も潤っているのかなと思ったら、ホテルの混雑対策や交通交通機関の整備が必要になる反面、それが市税収入に直結していないため、財源不足に陥っているといいます。

京都12月 078.JPG

観光のための施設整備だから、観光客に負担してもらおうというのが市の考え方。

昨年京都を訪れた人は延べ2000万人。1人当たり100円課税すると約20億円の税収が期待できます。

現在の京都の混雑ぶり、海外からの観光客から不満の声が上がっています。

1泊100円程度の負担で、この混雑が解消できるなら私は払ってもかまいません。




posted by TOSHI at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック