大井川鉄道SLの旅と長島ダム

大井川鉄道のSLと南アルプストロッコ列車に乗って、長島ダムに行ってきました。

今回は、旅行者の企画したツアーに参加したもの。

清里 SL 133.JPG

SLに乗りさらにアプト式のトロッコ列車に乗って長島ダムに個人で行く場合の料金と時間を考えると、ツアーというのはかなり便利です。


新東名高速に乗り、島田金谷ICで降り、大井川東岸の国道64号線、77号線を北に向かいます。

ICを降りて最初の休憩は、道の駅川根温泉。

清里 SL 058.JPG

SLを眺めることができる露天風呂があることで知られているところ。

日帰り入浴だけでなく、宿泊棟もあります。

バスは、売店側の駐車場に止まり、トイレ休憩。

売店で、取れたて新鮮な野菜が格安で販売されていました。

清里 SL 056.JPG 清里 SL 052.JPG

あまりに安いので、いろいろ買おうと思ったのですが、重い野菜を背負ってダムの散策をするわけにはいかないので、買ったのはみかんを1袋だけ。

清里 SL 055.JPG

お店の中に、鉄橋を通過するSLの時刻表が貼ったありました。。

売店の裏から、SLを見ることができるのです。

もうすぐ、10時32分。SLが鉄橋を通過する時間です。

汽笛の音が聞こえてきます。店の裏に回ると、たくさんの人がカメラや携帯電話でSLを撮ろうと集まっています。

清里 SL 043.JPG

清里 SL 044.JPG

清里 SL 045.JPG

清里 SL 046.JPG

そんな私たちの前を、汽笛を鳴らしながら通り過ぎていきました。

清里 SL 048.JPG 清里 SL 050.JPG

SLが通り過ぎると、足湯を楽しむ時間もなく出発です。

ちなみにこのお湯、ちょっと熱めです。

ここから、アプトラインに乗る奥泉駅まで約1時間。

バスターミナルには、こんな像があります。

清里 SL 065.JPG

この地域には、縄文時代の遺跡がいくつかあり、ここは下開土(したのかいと)遺跡なのでそうです。

このバスターミナルを降ると奥泉駅。

ここから私たちはトロッコ列車に乗ります。

清里 SL 074.JPG 清里 SL 069.JPG

アプト式の鉄道というのは、ラック式という歯型のレールを使って、急な坂を上り下りするように作られた鉄道です。

南アルプスアプトラインでは、アプトいちしろ駅から長島ダム駅まで、1000分の90という日本1の急勾配を登るため、このアプト式を利用しています。

ここでは、トンネルの数を最小限にして、乗客ができるだけ美しい景観を楽しめるように考慮されているそうです。

アプトいちしろ駅で後ろから列車を押すための特別なアプト式の列車を連結し、このようを見ることができます。

清里 SL 079.JPG 清里 SL 081.JPG

左側の写真が、後ろから客車を押し上げるための列車で、右側は連結の最終点検をしているところです。

連結作業が終わり、長島ダムへ。

清里 SL 091.JPG

長島ダムは、静岡県中部を流れる大井川のほぼ真ん中にあるダム。

「洪水調節」「河川環境を守る」「かんがい用水」「水道水」のために建設されたダムです。

長さは、308メートル、高さが109メートルあります。

ダムの周辺には広場や公園が整備され、ウォーキングこーースもあります。

公園は駅をから斜面に沿って広場に降るように作られています。急な階段を下りて行くことも出来ますし、ゆっくりと坂道を散策しながら行くことも出来ます。

清里 SL 096.JPG 清里 SL 098.JPG

下にたどり着くと、休憩できる場所もあります。

そして、ダムの放水を正面から見ることができるしぶき橋。

清里 SL 100.JPG 清里 SL 101.JPG

清里 SL 102.JPG

しぶき橋を渡りながら放水を見ると、

清里 SL 103.JPG 清里 SL 104.JPG 

清里 SL 105.JPG 清里 SL 106.JPG

本当に、放水のしぶきがかかります。

そして、渡りきったところでダム湖を見るために階段をのぼらくてはなりません。

この階段は、ダム本体と基礎岩盤を保護するブロックに設置されたもの。

体力に自信のある人、筋肉痛が気にならない人は挑戦してみて下さい。

清里 SL 110.JPG

階段を登り切り、息を切らしながら見たダム湖は感激です。

右端のほうに、噴水があります。

約1時間30分の散策を終え、今日のメインであるSLに乗るために千頭の駅に。

鉄道に興味なある人は、千頭駅の隣にあるSL資料館を覗いてみて下さい。

清里 SL 125.JPG 清里 SL 124.JPG

入場料は100円。入口に置いてある箱に100円入れるか、駅の窓口で記念入場券を買って入ることができます。

清里 SL 118.JPG

清里 SL 120.JPG

そしていよいよSLに。当然記念撮影も・・・

SLは8両編成、先頭部分に行って撮影しようとすると、そこには長い列が。

記念撮影する人の列です。

15分並んでようやく写真を撮ることができました。

清里 SL 127.JPG

私たちが乗ったのは、昭和15年生のSL。

座席も当時のまま、幅がかなり狭く、向かい合う形で座るものです。

走りだしの、シュッ、ガタン、シュ、ガタンという振動と音が素敵です。

走行中は、ハーモニカの演奏や、おもちゃの実演販売などがあり、乗客を飽きさせません。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、下車駅の家山に着きました。

清里 SL 136.JPG

トロッコ列車にSL、本当に楽しい1日。

清里 SL 139.JPG

SLは、汽笛を鳴らし、また走り出しました。


静岡県の宿を探す>>
Hotels in Japan











posted by TOSHI at 16:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。