2009年浜松立体花博11

79「な〜らちゃん」〜91「モザイ」

奈良県の「な〜らちゃん」

P1010065.JPG

奈良県では、1本の吉野杉が1年間に吸収する二酸化炭素の量を1な〜らと決めて「奈良県ストップ温暖化県民運動」を進めいています。

そのマスコットキャラクターが「な〜らちゃん」です。

韓国高陽市の作品で「サムル遊び」

P1010066.JPG

韓国の伝統芸能「サムル遊び」をそのまま作品にして、高陽市の元気な姿と歴史を表現してあるそうです。

P1010068.JPG P1010069.JPG

左は、昔話もも太郎のモデルとなった鬼の姿。

岡山市の作品で「温羅」(うらと読みます)

吉備津彦命に退治されますが、地元では製鉄、製塩、造船の技術を伝えてくれたヒーロー的存在でもあったそうです。

右は、ベトナム、ホーチミン市の「ベンタイン市場」

「ベンタイン市場」は、ホーチミン市の最も古い建物の一つで、市の象徴だそうです。丸い作品の中に、建物がデザインされているのが分かるでしょうか。

P1010071.JPG

長崎市かと思ったら違いました。

森下建設の「世界の平和」

長崎の平和記念像をモデルに、争いのない平和な世界を表現しています。

このあたりまで来ると、日がだいぶ傾き気温が下がってきました。

P1010073.JPG

ベルギー、エノー州の「クジャク 美しき自然の色彩」

P1010074.JPG

掛川市「躍動と調和〜掛川茶でまず一服を」

掛川茶は、国内で有数の生産量を誇るお茶。また、4年連続で「産地賞」を受賞し品質の高さを認められています。

急須と、その後ろには3枚のお茶の葉をデザインして作品が作られています。

P1010076.JPG

思い切り逆光に位置にあったのがこの作品。

菊川市の「お茶の菊川」

お茶関係が続きます。牧ノ原台地は、日本一の大茶園。作品の中の茶娘は、菊川茶PRキャラクターで「ちゃこちゃん」というそうです。

P1010077.JPG

ブラジル、モジダスクルーゼス市の「移民のまち」は、市内の広場に立つ移民の象をモチーフに制作されました。

農作業に向かう日本人夫婦の姿を表現していて、農業の発展に貢献した日本人をたたえているということです。

P1010078.JPG

富山市の作品で、「活力(キトキト)都市富山〜人・まち・自然のシンフォニー」

私たちは、坂を上り活力も無くなってきています。

P1010079.JPG

第28回全国都市緑化かごしまフェア実行委員会の「篤姫がこよなく愛したふるさと鹿児島」

ゴールはもうすぐ・・・

入り口ゲートに戻ってきて、90番のMIH2009協会「さわるけ?モザイ」を探しますが見つかりません。

ガイドマップには、「番号順に見ることをお勧めします」と書いてあるのでこのあたりにあるはず・・・

スタッフに尋ねてみると「61番と62番の間にあります」

ナニー!!

P1010040.JPG

写真が展示してあった建物の横のあれですか?

P1010082.JPG

最終91番MIH2009協会「モザイ」

浜松モザイカルチャー世界博2009、これからお出かけの方、十分な時間を取ってゆっくり見て下さい。

見る価値は、あると思います。

P1010107.JPG

ウナギイヌくん、さようなら。

浜松の宿を検索>>











タグ:イベント
posted by TOSHI at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。