2009浜名湖立体花博5

22「仙台散歩」〜31「アカウミガメ」

順番から行くと22番の仙台市になるのですが、見る順番は23番が先になります。

P1000958.JPG

23番は、フランス、ナントフローラリー委員会の「ジュール・ベルヌの象」

P1000959.JPG

横から見るとこんな感じです。

そしてその向こうに見えてきたのは

P1000963.JPG

仙台市の「仙台散歩」

音楽の五線の上に、音符が乗っています。

小さな四角の中にデザインされているのは、伊達正宗の兜、大きな四角の中には四分音符、

そして七夕まつりを屏風のようにデザインしているそうです。

そのちょっと先がロータリーのようになっていて、カリフォルニア州立ポリテクニック大学の作品「白鳥」があります。

P1000967.JPG

そこから先は、歩道の両側に作品が並ぶように展示されていて、右を見て、次に左を見てというような感じで作品を眺めて進んでいきます。

P1000969.JPG

25番、高崎市の「タカボン」

P1000970.JPG

26番、インド、デリー首都圏の「シェーラ」

P1000972.JPG

27番、さいたま市の「ヌゥ」

「サッカーとバラと人形のまち、さいたま市をよろしく」とガイドマップに書かれています。

P1000974.JPG

韓国、釜山広域市の作品で「女心」

ここからは急ぎ足のように作品が続きますが、実際の見学の時も作品が並ぶのを次々と見ていくので、急ぎ足で見るという感じになっていました。

P1000976.JPG

29番、中日本モザイカルチャー倶楽部、岐阜県立国際園芸アカデミーの作品「雲竜」

P1000980.JPG

袋井市の作品で、「奏(かなで)」

P1000982.JPG

31番は、浜松市のシニアボランティア団体、モノづくり・シクミづくりJPの作品で「アカウミガメ」

ここまでで、全体の3分の1です。

浜松の宿を検索>>













タグ:イベント
posted by TOSHI at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。