22012年10月台湾旅行記 忠烈祠

実は、行天宮見学の後、故宮博物院を見学したのですが、博物院は館内写真撮影禁止のため記事としてまとめることができませんでした。

台湾旅行 096.JPG

館内の展示物などの様子は、写真が無いので別記事としてまとめます。

中国の北京、故宮博物館にも中国の古くからの美術品が展示してあります。

今台湾には中国からの旅行者が一番多く、故宮博物院も中国人観光客であふれていました。

博物院の展示品は中国から持ち出されたものですが、中国観光客はこの展示物を中国に返せとは言わないそうです。

なぜなら、ここにある展示物が中国に残ったままだったら、文化大革命のときに燃やされたり壊されたりして現存していないから。

ガイドさんが、そんな風に話してくれました。

その故宮博物院の後に向かったのは、忠烈祠です。

忠烈祠に着くと、衛兵の交代式が始まっていました。

台湾旅行 098.JPG

台北で、衛兵の交代式を見られるのは3か所あります。

中正紀念堂と国府記念館、そしてここ忠烈祠です。

この交代式が外で行われるのは、忠烈祠だけです。

台湾旅行 110.JPG

忠烈祠は、辛亥革命や抗日戦線などで命を落とした、約33万人の軍人の英霊を祀っているところです。

このことを知り、中に展示されている抗日戦線の時の絵などを見ると複雑な心境になります。

台湾旅行 103.JPG

鮮やかな中国宮殿式の建物の壁には、戦争の様子つたえる彫金が・・・

台湾旅行 106.JPG

2人の衛兵は、この英霊をお守りしているんですね。

忠烈祠では、3月29日の青年節と9月3日の軍人節に、軍の記念式典が盛大に行われるそうです。

この前日と、当日の午前中は一般公開は中止です。

【JTB海外旅行】アジア、これが売れてます。












posted by TOSHI at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。