2009浜名湖立体花博4

モザイステージ〜21「平和の園」

上海市の展示の横に、モザイステージがあります。

ここでは、舞台を使って様々なもイベントが行われます。

私たちが行った当日は、10月31日に浜松アリーナで開催される「三方原合戦!!!」の一部を紹介していました。

あらすじは、今から400年後の子どもたちがフェスティバルの出し物に悩み現在の子どもたちのもとにやってきます。現代の子供たちも文化祭の出し物に悩んでいて、うっかり出くわした未来と現代の子供たちが400年前の世界に行ってしまい歴史を変えてしまいます。
歴史をもとに戻しつつ、子どもたちが見たものは・・・

P1000935.JPG

テーマソングが披露されている様子です。


ステージは、1時間くらいですが、すべてを見ていると時間が足りなくなってしまうので、次の展示に進むことにしました。

P1000940.JPG

この作品は、中国瀋陽市の作品で「祈福門」

この作品の横を通って奥には

P1000944.JPG

京都市の作品「エコちゃん」

京都議定書で進める環境保護への取り組みを問う「DO YOU KNOW KYOTO?」の文字を作品に刻んでいます。

15番展示の瀋陽市の作品からは、歩道沿いにずらっと作品が並んでいます。

P1000947.JPG

その歩道の外側にもこのように花が植えられ、素敵な気分で作品を鑑賞することができます。

京都市の隣は、新潟市です。

大河ドラマの主人公、戦国武将の直江兼続を描いた作品で「大凧合戦」

P1000943.JPG

18番は県内、御前崎市の作品で、〜はるか未来へ〜遠州の七不思議をテーマに「竜神」と「波小僧」

P1000948.JPG

竜の口から、水煙が出ています。

P1000951.JPG

番号の順に進むと、次は19番のスペインと行きたいのですが、18番と19番の間の奥に20番イエメン共和国の作品「太陽神殿」があります。

P1000953.JPG

5本の長い柱と、その端に短い柱がある作品です。

19番のスペインの作品は、「ガウディのトカゲ」

P1000955.JPG

このトカゲは、バルセロナのグエル公園に置かれているガウディの作品をモチーフにしているそうです。

P1000957.JPG

ネパール連邦民主共和国は、「平和の園」という作品です。

近づいて見ると、

P1000962.JPG

P1000961.JPG

屋根の部分の壁には、人の顔が描かれているのが分かります。

浜松の宿を検索>>













posted by TOSHI at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。