2012年7月ミネソタ旅行記 ミシシッピー川散歩

スカイウェイを降り、外に出るといくらカナダに近いと言っても、すごい暑さです。

15分ほど歩いて、公立図書館の中にあるカフェで休憩をしました。

これから歩くダウンタウン北側のミシシッピー川沿いは、かつては交通の要所として栄えたところです。

船を使い、下流へと物資を運びました。

そして今は、ミシシッピー川にかかるヘネピンアベニュー橋とストーンアーチ橋の間にあるサントアンソニー滝は、ランドマーク的存在になっています。

P1020982.JPG

この滝は、かつて製剤や製粉の動力源として使われていましたが、今は電力の供給に使われています。

そしてこの滝は、3780キロメートルあるミシシッピー川で、唯一の自然の滝です。

P1020983.JPG
滝の下流側のストーンアーチ橋

川沿いの遊歩道を歩いていくと、暑い日差しの中、何人もの上半身裸でジョギングをしている人たちが私たちを追い越し、そしてすれ違って行きます。

川の北岸沿いはヒストリック・メインストリートと呼ばれ、レストランやカフェが並びショッピングなどを楽しめる地域になっています。

私たちが散歩したのは南岸。

かつての製粉工場や倉庫が集まった地区です。

P1020980.JPG

かつての倉庫・工場の跡。遊歩道のすぐ横に残っていた。取り壊し中。

こちら側は、再開発が進みレストランや音楽学校、博物館やシアターがある地域。

私たちが向かうガスリーシアターも、この南岸にあります。

ガスリーに向かう途中で、セグウェイ(電動モーター式の2輪車)ツアーの人たちとすれ違いました。

名作や実験的な作品を上映することで有名なガスリーシアター。

中には、地元の人にも人気のあるレストランやカフェもあります。

まず驚くのが、入口から続く長いエスカレーター!!

残念ながら、写真がありません。

館内は自由に見学でき、展望デッキからは美しい川や周囲の景色を眺めることができます。

P1020985.JPG

ここからの眺めは最高で、風も気持ちがいい。

P1020986.JPG

シアター内から展望デッキ側を撮影してみました。

この劇場では、劇の舞台裏やリハーサルルーム、小道具や衣装などの製作現場を見ることができるバックステージツアーがあり、とても人気だそうです。

しかし残念ながら私たちは時間の都合で、館内を楽しんだ後、フットボールスタジアムのライトレールの駅に向かいました。

【JTB海外旅行】アメリカ・カナダ












posted by TOSHI at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。