ベトナム旅行予備知識 中央郵便局

19世紀末のフランス統治時代に建てられた郵便局で、入口の左手に古いベトナムの地図があります。

封筒や絵ハガキが正面のガラスケースに入れられて売られていて、日本への小包みもここから出すことができます。

正面中央にはホーチミンの肖像画がかけられ、内部は明るく、天井には採光のためのガラスがあります。




posted by TOSHI at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム旅行予備知識 サイゴン大教会

サイゴン大教会は、聖母マリア教会とも呼ばれる教会で、19世紀末に建てられたカトリックの教会です。

ベトナムは、国民の8割が仏教徒で、次に多いのがキリスト教徒。

どの町にも立派な教会があり、日曜日はミサで訪れる人で溢れているそうです。

サイゴン大教会も、地元市民がお祈りにきます。

観光客の見学は自由で、ゆっくりと椅子に座れば、静かに落ち着き外の炭層から逃れられます。

今回は、3日目の観光に含まれています。




posted by TOSHI at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム旅行予備知識 ハロン湾

ハロン湾は、ハノイから車で4時間、東に180キロメートル離れたところにある湾です。

ハロンとは、竜が降り立った場所という意味だそうです。

ベストシーズンは、6月から11月。

海の桂林とも呼ばれ、船から見ると景色が奇石によってさまざまに変化して飽きることがないと言います。

今回の旅行(2015年)では、二日目の午前に3時間のクルーズを楽しみます。

クルーズは、私たちのように日帰りのものもありますが、1泊2日の宿泊船もあり、こちらは豪華なジャンク船(大きな帆を持った木造船)で、夕日に染まるハロン湾や夕闇が降りてくるハロン湾の神秘を体験できるそうです。




posted by TOSHI at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベトナム旅行予備知識 文廟

文廟は、はじめ孔子を祀るために建てられたものでした。

それが、ベトナム最初の大学として使われるようになりました。

広くはないのですが、ハノイの中では緑の多いホッとできる場所だと言います。




posted by TOSHI at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回(2015年)のベトナム旅行日程

今回の旅行日程を書いておきます。

今回は、3泊4日、しかも最終は機内泊という強行日程になってしまいました。


● 1日目

まず、成田を午前の便で出発して、午後1時25分にハノイ到着。

空港からハノイの市内観光。

文廟、タンロン城、ホーチミン廟を見学し、旧市街を散策。

その後、ハロン湾へ。

ハノイからハロンまでは、車で4時間かかります。

ハロンで海鮮料理の夕食を食べホテルに泊まります。

2日目・3日目の日程>>
posted by TOSHI at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする